7/10
土曜日
今週の食材:とうもろこし

コーンプディング 焼きとうもろこし添え

とうもろこしの「甘み」が特に強くなってくるのは7〜8月ごろ。皮がみずみずしく、粒の大きさが揃っていて、ぎっしり詰まっているものは良い品です。鮮度が大切なとうもろこしですが、すぐに食べられないときは一度茹でて包丁で粒を外してから冷凍保蔵すると良いでしょう。今日は甘みを生かした一品を作ります。

食材

とうもろこし

とうもろこし

朝採り甘味たっぷりのとうもろこしを食べることができるのは、旬ならではの楽しみ。茹でても焼いてもおいしいとうもろこしはビタミン、ミネラルをバランスよく含み、食物繊維も多い食材です。

movie

材料(2人分)

  • とうもろこし(正味)

    2本

  • 玉ねぎ

    1/2個

  • 豚ひき肉

    100g

  • バター

    20g

  • 薄力粉

    大さじ2と1/2

  • 牛乳

    250ml

  • 小さじ1/2

  • 溶けるタイプのチーズ

    30g

  • パン粉

    大さじ1

  • 粗びき黒こしょう

    適量

  • パセリのみじん切り

    適量

作り方

  • 1 とうもろこしは皮をむいてラップで包み、電子レンジで5分加熱する。
  • 2 とうもろこしの粒を塊で5つくらい削いだら、残りは粒を外す。
  • 3 バター(10g)をフライパンに入れ、豚肉、玉ねぎを炒め塩こしょうを軽くふり、薄力粉を振り入れる。
  • 4 そこへ牛乳を少しずつ加え、ときのばす。
  • 5 そこへとうもろこしの粒を入れ、塩を加えて味を調える。
  • 6 耐熱容器に5を入れて、溶けるタイプのチーズをのせ、パン粉をふる。最後に、そぎ切りにしたとうもろこし、残りのバターをのせる。
  • 7 トースターでチーズが溶けるまで焼く。粗びき黒こしょうをふる。
  • 8 パセリを散らして完成。
  • とうもろこしの加熱方法はお湯で茹でるほか、蒸すなど色々ありますが、電子レンジで手軽にできるやり方で作りました。焼いたとうもろこしの香ばしさと、ふわっと甘い煮込んだとうもろこしの2種類の旨味が味わえます。

master

野菜料理の達人

佐藤 智香子

料理研究家

佐藤 智香子

旬を生かしたレシピ提案・商品開発等、佐藤智香子率いる「食のプロデュースチーム」です。

達人のいるお店

ワイオリキッチン

新潟県新潟市中央区

http://www.waioli-k.com

pagetop