6/26
土曜日
今週の食材:トマト

トマト味噌リガトーニ

太陽の恵みをいっぱいに受けた6~8月が旬のトマト。ヨーロッパでは「トマトが赤くなると、医者が青くなる」ともいわれるほど栄養価があります。赤い色素「リコピン」はお肌を美しく保つ働きがあります。いろんな種類のトマトを試してみましょう。

食材

トマト

新潟県内の農産物直売所にはこの時期たくさんのトマトが並びます。新潟のトマトは、甘みと酸味のバランスが良く、濃厚な味が特徴。リコピンやビタミンCなどが豊富に含まれ、栄養価が高いトマトを食卓にどうぞ。

movie

材料(2人分)

  • トマト(大玉)

    1個

  • ミディトマト

    4個

  • 玉ねぎ

    1/4個

  • ピーマン

    1個

  • にんにくのみじんんぎり

    1片分

  • 大さじ2

  • オレガノ(乾燥)

    あれば適量

  • 適量

  • イワシのみそ煮缶

    1缶(170g)

  • リガトーニ(お好みのショートパスタ)

    60g

  • オリーブ油

    大さじ2

作り方

  • 1 トマトはヘタをとってくし切りにする。
  • 2 玉ねぎは粗みじん切りに、ピーマンは1cm角に切る。
  • 3 フライパンにオリーブ油を入れてにんにくを炒め、香りが出たら玉ねぎを加える。
  • 4 そこへトマト、ミディトマト、イワシのみそ煮缶のつけ汁、酒、オレガノを加えて中火で3、4分煮る。
  • 5 塩茹でしたリガトーニとピーマン、イワシを加えて絡める。塩で味を調えて完成。
  • 程よい酸味が美味しい「トマト」と、甘みの強い「ミディトマト」と2種類のトマトを合わせたフレッシュなトマトソースです。「味噌」を加えることで、旨味の相乗効果により、さらにトマトの美味しさと栄養価が増します。手軽な「イワシのみそ煮缶」を使うことで、いつでも気軽に作ることのできる魚介のショートパスタにしました。ぜひお試しください。

master

野菜料理の達人

佐藤 智香子

料理研究家

佐藤 智香子

旬を生かしたレシピ提案・商品開発等、佐藤智香子率いる「食のプロデュースチーム」です。

達人のいるお店

ワイオリキッチン

新潟県新潟市中央区

http://www.waioli-k.com

pagetop