1/16
土曜日
今週の食材:栃尾油揚げ

栃尾油揚げのビビンバ飯

厚みのある栃尾の油揚げは、カリッとした食感も美味しさのひとつです。中に何を挟んでも美味しいですが、今日はご飯も詰めて食事になる一品を作ります。

食材

餅

栃尾油揚げ

新潟県長岡市の栃尾地区には「ジャンボ油揚げ」と呼ばれる全国的にも有名なご当地グルメがあります。一般的な油揚げの3倍ほどの大きさで、ご飯のおかずにもお酒のお供にも合います。

movie

材料(2人分)

  • 栃尾油揚げ

    1枚

  • 玄米入りご飯

    200g

  • 小松菜

    1/2束

  • 小さじ1/3

  • ごま油

    小さじ1

  • にんにくのすりおろし

    少々

  • にんじん

    1/2本

  • 小さじ1/4

  • ごま油

    小さじ1

  • にんにくのすりおろし

    少々

  • 鶏ひき肉

    100g

  • しょうゆ

    大さじ1

  • 砂糖

    小さじ2

  • しょうがのすりおろし

    大さじ1

  • ごま油

    小さじ1

  • 赤唐辛子の千切り

    適量

作り方

  • 1 小松菜は塩茹でして、水気を切って2cm幅に切る。塩、ごま油、にんにくを絡める。
  • 2 にんじんを千切りにして、塩、ごま油、にんにくを混ぜて絡める。
  • 3 ごま油で鶏ひき肉を炒め、しょうゆ、砂糖、しょうがのすりおろしを加え、煮詰める。
  • 4 栃尾油揚げを3辺に切り込みを入れて開く。
  • 5 玄米入りご飯、小松菜、にんじん、鶏そぼろ、玄米入りご飯の順に乗せ、油揚げをかぶせる。ラップをかけて、手で押さえ形を整える。
  • 6 油を敷かないフライパンで両面焼き色をつけてカットして完成。
  • 小松菜、にんじん、鶏そぼろがこぼれないように、玄米ご飯で包むようにして載せるのがポイントです。仕上げに油揚げを焼いて、カリっとした食感を楽しみましょう。

master

野菜料理の達人

佐藤 智香子

料理研究家

佐藤 智香子

旬を生かしたレシピ提案・商品開発等、佐藤智香子率いる「食のプロデュースチーム」です。

達人のいるお店

ワイオリキッチン

新潟県新潟市中央区

http://www.waioli-k.com

pagetop