1/6
水曜日
今週の食材:餅

なめらかフルーツ大福

新潟の切り餅で大福を手作りしてみませんか?今回はクリームチーズと果物を包みなめらかでジューシーな大福を作ります。中身は好みのあんこや果物、チョコなどアレンジ自在です。

食材

餅

新潟県の切餅包装餅出荷額は全国一位(平成29年)。シェアは6割を超えています。お餅の原料となるもち米の代表格は「こがねもち」。きめの細かさ、コシの強さをお楽しみいただけます。

movie

材料(2人分)

  • 切り餅

    2個(約100g)

  • 砂糖

    大さじ1

  • 片栗粉

    適量

  • クリームチーズ

    約40g

  • みかん

    小1個

  • キウイ

    1/2個

作り方

  • 1 切り餅は4等分に切る。
  • 2 鍋に入れ、かぶるくらいの水を加え火にかけ、沸騰したら弱火にし、餅がとろりと柔らかくなるまで2分ほど煮る。水気を切りボウルに取り出す。(ゆで汁は捨てずにとっておく。)
  • 3 砂糖、餅の煮汁大さじ1を加え、濡らした木べらなどでなめらかになるまでよく練る。固ければゆで汁を少量加える。
  • 4 まな板に片栗粉を広げ、3をのせ表面に片栗粉をまんべんなくうすくまぶし、4等分にカットする。
  • 5 4を伸ばし、クリームチーズ、大きめの一口大にした果物をのせ、餅の端を中央に集めて包み、形を整えて完成。
  • 煮た餅は形が残らなくなりなめらかな状態になるまでよく練ります。木べらは濡らしながら使うと作業しやすいです。生地は真ん中を厚めに、外側を薄めに伸ばすと包みやすく形がきれいに整います。綴じ目がくっつきにくい場合は指先を水で濡らしてから端同士をつまんで綴じてください。生地に砂糖が入ることで時間がたっても固くなりにくくなります。すぐに食べない場合涼しい場所で保存し当日中に食べてください。

master

家庭料理の達人

若木 ふよ子

フードコーディネーター

若木 ふよ子

旬を生かしたレシピ提案・商品開発等、佐藤智香子率いる「食のプロデュースチーム」です。

達人のいるお店

ワイオリキッチン

新潟県新潟市中央区

http://www.waioli-k.com

pagetop