9/30
水曜日
今週の食材:みそ

秋の味噌ケークサレ

みそは洋食とも相性がよい調味料です。甘くない食事ケーキ”ケークサレ”の味付けにみそを使い、秋の味覚を詰め込みました。

次回の食材

みそ

みそ

新潟県の農産物といえば「米」が一番ですが、実は「大豆」も全国トップクラスの生産量・作付面積を誇っています。新潟県で製造される「越後みそ」は、冴えた赤色が特徴的な辛口の米みそです。
特に、上越地域のみそは米糀の割合が高く、みそ汁にすると白い米糀がふわりと浮きあがることから、「浮き糀みそ」として地元の方に愛されています。

movie

材料(2人分)

  • 秋鮭

    1切れ

  • 玉ねぎ

    1/4個

  • まいたけ

    50cc

  • かぼちゃ(種とワタをとったもの)

    100g

  • 適量

  • サラダ油(ソテー用)

    適量

  • 米粉(または薄力粉)

    100g

  • ベーキングパウダー

    小さじ1(4g)

  • 2個

  • みそ

    大さじ1

  • 牛乳(または豆乳)

    60g

  • サラダ油

    40g

  • <みそクリーム>

  • クリームチーズ

    40g

  • みそ

    小さじ1

  • 付け合せ(ベビーリーフ・トマトなど)

    適宜

作り方

  • 1 鮭に塩をふる。玉ねぎは薄切りにする。まいたけは小房にわける。
  • 2 フライパンにサラダ油を熱し、鮭をソテーする。空いているところに玉ねぎとまいたけを入れ、炒め、塩をし取り出し、粗熱をとる。鮭は皮と骨を取り、ほぐす。
  • 3 かぼちゃは1.5cm角ほどに切り、耐熱皿に並べ、ラップをかけ600Wの電子レンジで1分半ほど加熱し粗熱をとる。
  • 4 ボウルに卵を割り入れて泡立て器で溶き、みそ、牛乳を加えて混ぜる。サラダ油を少しずつ注ぎながら混ぜ合わせる。
  • 5 米粉とベーキングパウダーを加え、混ぜ合わせる。
  • 6 2と3を加え、さっくりと混ぜ合わせる。2と3は飾り用に少し残しておく。
  • 7 マフィンカップに流し入れ、残しておいた2と3をのせ、180度に余熱したオーブンで20分ほど焼く。
  • 8 クリームチーズとみそを混ぜ合わせ、みそクリームを作る。焼き上がったみそケークサレに添える。みそクリームをつけながらいただく。
  • みそは、だまにならないようによく混ぜ生地になじませましょう。具材はお好みの野菜やお肉などアレンジ自在。薄力粉を使う場合は予めベーキングパウダーを合わせふるっておき、混ぜすぎないようにしましょう。

master

家庭料理の達人

若木 ふよ子

フードコーディネーター

若木 ふよ子

旬を生かしたレシピ提案・商品開発等、佐藤智香子率いる「食のプロデュースチーム」です。

達人のいるお店

ワイオリキッチン

新潟県新潟市中央区

http://www.waioli-k.com

pagetop