日替わり達人の献立

Recipe

食材

コシヒカリ

コシヒカリ

おいしいお米の代表格「コシヒカリ」。 新潟県内各地で栽培され、新潟一般、魚沼、岩船、佐渡に地域区分され流通しています。適度な粘り、柔らかさ、しっかりとした味わいが特徴です。

5/10〜5/16のレシピはこちら

Recipe

食材

山菜

山菜

山に囲まれた新潟は山菜の宝庫。雪解けを待って顔を出すフキノトウ、ウド、コシアブラ、コゴミ、ワラビ、ゼンマイ、タケノコ等々いろんな種類の山菜が採れます。県内のお宿や飲食店で味わう、この季節だけの旬の山の恵みを活かしたメニューも楽しみです。

4/26〜5/2のレシピはこちら

Recipe

おかわりウチごはん

おかわりウチごはん

新潟ウチごはんプレミアムでご紹介するレシピの中で、人気の高い「肉料理」レシピ。 新生活疲れが出始めるこの季節に、お肉で元気を補給してみてはいかがでしょうか?過去レシピの中から厳選した肉料理を「おかわりウチごはん」としてご紹介します。

4/19〜4/25のレシピはこちら

Recipe

おかわりウチごはん

おかわりウチごはん

え?その食材の回で、デザートレシピ?
新潟ウチごはんプレミアムでは、食材に合わせたレシピを達人の皆さんから開発していただいていますが、ついついそんな声を上げてしまう回もありました。定番デザートからアイデアあふれるデザートまで。「おかわりウチごはん」としてご紹介します。

4/12〜4/18のレシピはこちら

Recipe

おかわりウチごはん

おかわりウチごはん

学校や新生活が始まり、お弁当を作り始めた方もいらっしゃるのではないでしょうか?作り置きができて、お弁当箱を開けるのが楽しみになるようなレシピを「おかわりウチごはん」としてご紹介します。

4/5〜4/11のレシピはこちら

Recipe

おかわりウチごはん

おかわりウチごはん

年度替わりは旅立ちの季節。今日の食卓は少し手の込んだお料理はどうでしょう?食卓が華やぐごちそうレシピを過去動画から「おかわりウチごはん」としてご紹介します。

3/29〜4/4のレシピはこちら

Recipe

おかわりウチごはん

おかわりウチごはん

2020年9月にからスタートした新潟ウチごはんプレミアム。たくさんの方からレシピ動画をご覧いただきました。ありがとうございます!182品のレシピから再生回数の多いレシピを「おかわりウチごはん」としてご紹介いたします。

3/22〜3/28のレシピはこちら

Recipe

食材

雪下にんじん

雪下にんじん

畑に植えたまま雪の下で越冬させる雪下にんじんは、特有の青臭さが少ない、甘さのあるにんじんになります。新潟県内でも雪の多い山間地で栽培されます。

3/8〜3/14のレシピはこちら

Recipe

食材

越後姫

越後姫

約6年の品種改良と研究の末に平成6年に新潟で生まれたいちごです。見た目の美しさ、きめ細やかでジューシーな果肉、深い甘み、華やかな香りはまさにお姫様。果肉が柔らかくデリケートなので、運搬(発送)にはとても気を使います。

3/1〜3/7のレシピはこちら

Recipe

食材

かんずり

甘酒

発酵文化の盛んな新潟県には酒蔵やみそ蔵が数多くあり、日本酒やみそだけでなく甘酒をつくっている蔵もたくさんあります。日本初の糀ドリンク(甘酒)専門店もあり、県内ではさまざまな甘酒を楽しむことができます。

2/22〜2/28のレシピはこちら

Recipe

食材

かんずり

かんずり

「かんずり」とは塩漬けのトウガラシを雪の上にさらしてあくを抜き、柚子や糀などと混ぜて発酵させたものです。新潟県妙高市に伝わる伝統調味料で、鍋料理の薬味のほか、さまざまな料理に使われます。

2/15〜2/21のレシピはこちら

Recipe

食材

南蛮エビ

へぎそば

へぎそばは、「へぎ」という器に1口分ずつを分けて盛られ、布海苔(ふのり)をつなぎに使った独特の風味と強いコシとツルツル食感が特徴の新潟県魚沼地域発祥のそばです。お店によっては薬味にわさびではなく、からしを添えることもあります。

2/8〜2/14のレシピはこちら

Recipe

食材

南蛮エビ

南蛮エビ

正式名称は「ホッコクアカエビ」。新潟では色や形が赤唐辛子(南蛮)に似ていることから「南蛮エビ」と呼ばれています。甘みが強いことから「甘エビ」とも呼ばれます。身を刺身に、卵をしょうゆ漬けに、頭は汁物にと、丸ごと堪能することができます。

2/1〜2/7のレシピはこちら

Recipe

食材

かぐら南蛮みそ

かぐら南蛮みそ

かぐら南蛮とは見た目はゴツゴツとしたピーマンで、中身はトウガラシという独特の野菜で、新潟県長岡市の伝統野菜です。これを細かく刻んで、味噌や酒、みりんと練り合わせて加熱してつくります。ご飯にも、酒のつまみにも、鍋の薬味にも使われます。

1/25〜1/31のレシピはこちら

Recipe

食材

餅

栃尾油揚げ

新潟県長岡市の栃尾地区には「ジャンボ油揚げ」と呼ばれる全国的にも有名なご当地グルメがあります。一般的な油揚げの3倍ほどの大きさで、ご飯のおかずにもお酒のお供にも合います。

1/11〜1/17のレシピはこちら

Recipe

食材

餅

新潟県の切餅包装餅出荷額は全国一位(平成29年)。シェアは6割を超えています。お餅の原料となるもち米の代表格は「こがねもち」。きめの細かさ、コシの強さをお楽しみいただけます。

1/4〜1/10のレシピはこちら

Recipe

食材

にいがた和牛

にいがた和牛

新潟県内で育てられた黒毛和牛で、品質規格等級がA-3、B-3以上のものを「にいがた和牛」と呼びます。そのうち村上市・岩船郡・胎内市で肥育され出荷された肉質等級4・5のものを「にいがた和牛村上牛」と呼びます。

12/21〜12/27のレシピはこちら

Recipe

食材

塩引き鮭

ル レクチエ

フランス生まれの西洋なしで、明治時代に新潟市南区(旧白根市)の農家が苗を入手し、日本で初めて栽培されました。収穫してから1ヶ月かけて追熟され、皮が黄色に変わると食べごろです。滑らかな果肉と華やかな香りが特徴の西洋なしです。

12/14〜12/20のレシピはこちら

Recipe

食材

塩引き鮭

塩引き鮭

塩引き鮭(塩引鮭)は、「鮭のまち」として知られる新潟県村上市の名産品です。職人の手によって仕込まれ、寒風干しにされる塩引き鮭の風景は村上の冬の風物詩ともいえます。

12/7〜12/13のレシピはこちら

Recipe

食材

新潟清酒

新潟清酒

新潟は88の蔵元を有する日本有数の酒どころです。おいしい米、おいしい水、酒造りに絶好の環境、そして越後杜氏の匠の技に磨かれた新潟清酒は、広い新潟県ならではの多様な食文化に合わせ造り続けられており、その奥深さや味わいの可能性は無限大。好みの一本をぜひ見つけてください。
「にいがた地酒の宿」のお宿から厳選された新潟清酒もご紹介します。
エンジョイ!新潟清酒キャンペーン実施中

11/30〜12/6のレシピはこちら

Recipe

食材

豚肉

豚肉

新潟県産の豚肉は適正な飼養管理と徹底された衛生管理のもと、すくすくと元気に育った安全・安心なおいしい豚肉です。県内には統一ブランドはないものの、県内各地にいくつかの地域ブランドがあります。

11/23〜11/29のレシピはこちら

Recipe

食材

れんこん

れんこん

しゃきっとした歯ごたえが持ち味のれんこん。収穫期が長いので暑い頃にはあっさりした酢の物から寒い時期には煮物、天ぷら等、季節を通じてさまざまな料理に使われます。

11/9〜11/15のレシピはこちら

Recipe

食材

車麩

車麩

新潟特産の車麩は、小麦グルテンに小麦粉を加えて焼いたもので、ドーナツ型の焼き麩です。消化吸収がよく、赤ちゃんの離乳食にも使われます。煮物やおでんに使われますが、最近は洋風なアレンジで食べられることもあります。

11/2〜11/8のレシピはこちら

Recipe

食材

里いも

里いも

里いもは新潟県の郷土料理「のっぺ」の食材として欠かせないものです。白くきめの細かい肉質とねっとりとした粘り気が特徴の「帛乙女」等のブランドがあります。

10/26〜11/1のレシピはこちら

Recipe

食材

和なし

和なし

新潟県のなし栽培の歴史は古く、和なしの品種も多様です。甘く瑞々しい肉質、しゃきっとした歯ごたえが特徴の「幸水」、「豊水」をはじめ、大型で香り高い「新高」、甘みと酸味が調和した「新興」等があります。

10/12〜10/18のレシピはこちら

Recipe

食材

かきのもと

かきのもと

かきのもとは延命楽という食用菊で、新潟では古くから農家の庭先や畑の片隅で栽培されていました。花弁を酢の物、漬物、天ぷら等にしています。鮮やかな色合いとしゃきしゃきした食感が特徴的です。

10/5〜10/11のレシピはこちら

Recipe

次回の食材

みそ

みそ

新潟県の農産物といえば「米」が一番ですが、実は「大豆」も全国トップクラスの生産量・作付面積を誇っています。新潟県で製造される「越後みそ」は、冴えた赤色が特徴的な辛口の米みそです。
特に、上越地域のみそは米糀の割合が高く、みそ汁にすると白い米糀がふわりと浮きあがることから、「浮き糀みそ」として地元の方に愛されています。

9/28〜10/4のレシピはこちら

Recipe

食材

長ねぎ

長ねぎ

白く美しくやわらかく、甘みのあるまろやかな口当たりが自慢です。秋以降は新潟独特の冷涼な気温とねぎの生育に適した湿度により、やわらかく甘くしっとりとしたツヤのあるねぎになります。

9/21〜9/27のレシピはこちら

Recipe

食材

えだまめ

えだまめ

新潟はえだまめの作付面積日本一。5月から10月まで、さまざまな品種が県内各地で栽培されます。中でも実の薄皮が薄茶色な「茶豆」は香りと甘みが特徴的です。

9/14〜9/20のレシピはこちら

Recipe

食材

なす

なす

新潟県は古くからなすの産地で、在来種も多く、各地域でさまざまな食べ方があります。丸型の「越の丸」、巾着型の「十全なす」、長細型の「千両」、大型の「焼きなす」など品種も多様です。

9/7〜9/13のレシピはこちら
pagetop