2/3
水曜日
今週の食材:南蛮エビ

南蛮エビの塩麹タルタル&米粉フリット

南蛮エビは余すところなく美味しくいただけます。新鮮な身は塩麹ソースで和えたタルタルサラダに、頭は香ばしいフリットに仕立てます。お酒のおつまみやおうちパーティーの1品にもぴったりです。

食材

南蛮エビ

南蛮エビ

正式名称は「ホッコクアカエビ」。新潟では色や形が赤唐辛子(南蛮)に似ていることから「南蛮エビ」と呼ばれています。甘みが強いことから「甘エビ」とも呼ばれます。身を刺身に、卵をしょうゆ漬けに、頭は汁物にと、丸ごと堪能することができます。

movie

材料(2人分)

  • <塩麴タルタル>

  • 南蛮エビ

    約150g(正味約60g)

  • 長いも

    50g

  • オリーブオイル

    小さじ2

  • 塩麹

    小さじ2

  • レモン汁

    小さじ1

  • オータムポエム(下茹でする)

    50g

  • ディル

    1枝

  • レモン

    適量

  • <米粉フリット>

  • 南蛮エビの頭

    10~15尾

  • 米粉

    大さじ3

  • 炭酸水

    大さじ2~

  • 適量

  • ガラムマサラ

    適量

  • 揚げ油

    適量

作り方

  • 1 南蛮エビは海水程度の塩水でやさしく洗い、流水で洗い流す。頭をとり殻をむき、キッチンペーパーで水気をふき取り、半分に切る。頭はフリット用にとっておく。
  • 2 長いもは1cm幅くらいに切り、まな板に並べ、ラップをかぶせ、コップの背などで粗めにたたく。
  • 3 オリーブオイル、塩麹、レモン汁を混ぜ合わせる。
  • 4 1と2を合わせ、3を大さじ1ほど加えて和える。オータムポエムに3の残りを加え和える。
  • 5 南蛮エビの頭はよく水気をふきとり、米粉(分量外)をまぶす。
  • 6 ボウルに米粉を入れ炭酸水を加えて混ぜ、軽いとろみがつく濃度の衣に調整する。
  • 7 5に6をまんべんなくからめ、180度の揚げ油で衣がカリッとするまで揚げる。熱いうちに塩、ガラムマサラをふる。
  • 8 4を器に盛り付け、ディル、レモンの皮をちらして完成。
  • 南蛮エビの身は長いもと馴染むよう2、3cmの長さに切ります。長いもと合わせることでねっとりさが増し、シャキッとした食感も楽しめ南蛮エビのなめらかさが引き立ちます。米粉フリットは炭酸水を使うことでさっくりと仕上がります。頭の中にも米粉、衣をつけると油がはねにくいです。ガラムマサラはカレー粉や山椒などに変えて楽しんでも。
pagetop