12/22
火曜日
今週の食材:にいがた和牛

にいかた和牛ミートボールのスパゲッティ ゴッドファーザー風

にいがた和牛はミートボールにしても固くならなく上品な甘みが口に広がるので、できるだけシンプルに仕上げました。“ゴッドファーザー”はイタリア/シチリア島からアメリカに移住し、ニューヨークを拠点としたマフィアのお話なのでシチリアの特産品レモンやアーモンドを入れてあるのが特徴です。

食材

にいがた和牛

にいがた和牛

新潟県内で育てられた黒毛和牛で、品質規格等級がA-3、B-3以上のものを「にいがた和牛」と呼びます。そのうち村上市・岩船郡・胎内市で肥育され出荷された肉質等級4・5のものを「にいがた和牛村上牛」と呼びます。

movie

材料(2人分)

  • にいがた和牛切り落とし

    250g

  • レモンの皮

    1/4個

  • レモンのしぼり汁

    15cc

  • 玉ねぎ

    50g

  • ローストアーモンド

    10g

  • 3g

  • ブラックペッパー

    少々

  • オリーブオイル

    少々

  • にんにく

    1個

  • トマトペースト

    35g

  • トマトホール缶

    1缶(400g)

  • 強力粉

    適量

  • グラニュー糖

    10g

  • 赤ワイン

    50g

作り方

  • 1 玉ねぎを粗みじん切りにする。フライパンに油をひき、玉ねぎがしんなりするまでソテーして冷ます。
  • 2 切り落としのにいがた和牛を極小さくダイスカットする。
  • 3 アーモンドを粗みじん切りにする。
  • 4 にんにくを極小さいダイスカットにする。トマトホール缶のトマトをつぶしておく。
  • 5 ボールに牛肉、玉ねぎ、レモンの皮、レモンのしぼり汁、塩、ブラックペッパーを入れて肉を潰すようにこねる。粘り気がでてきたらアーモンドを入れまんべんなく混ざるようにこねる。25-30gに丸く成型し、強力粉をまぶす。
  • 6 フライパンにオリーブオイルとにんにくを入れ、ゆっくり火を入れていく。(にんにくも具材なのでしっかり火を入れる)にんにくに火が通ったら丸くした肉を入れ、全面が焼き色つくまでソテーする。トマトホール、トマトペーストを入れて10分ほど煮込み、さらに赤ワイン、グラニュー糖を入れ沸騰させる。弱火にして10分煮込む。
  • 7 別鍋にお湯を沸かす。塩を湯の2%入れ、パスタを茹でる。
  • 8 茹であがったパスタをソースに投入し、EXVオリーブオイルを入れ、グルグル混ぜながらあえていく。お皿に盛り、お好みの量の粉チーズ、イタリアンパセリ、EXVオリーブオイルをかけて完成。
  • あえてひき肉を使わず、包丁で細かく切って手で捏ねることにより、食べた時のほろほろ感と肉々しさが出ます。トマトホールだけでなくトマトペーストも入れることにより濃いソースになります。濃厚なソースに仕上がっていますがミートボールにレモンを入れることにより濃厚なのにあっさり感が出ます。

master

イタリアンの達人

若林 淳

料理長

若林 淳

自家熟成肉が自慢の肉バル。美味しいお肉を食べるならここ!

達人のいるお店

NIQ

〒950-0901
新潟県新潟市中央区弁天2丁目4-19

TEL:025-282-5529

ミシュランガイド新潟 2020特別版掲載店

pagetop